検定試験に合格したら、すぐに知的財産管理技能士を名乗れます!

公開日:   最終更新日:2019/01/14

検定試験に合格したら、それだけでOKです。

すぐに「3級知的財産管理技能士」を名乗ることができます。
免許の申請とか登録手続きとか、特別な手続きは必要ありません。
登録料などの、追加の費用も必要ありません。

このことは、合格したら届く「合格証書」にもちゃんと書いてあります。

「三級知的財産管理技能士」の名称を称することを認める、とのことです

合格証書には、技能士の名称が書いてあります。

技能士の名称 三級知的財産管理技能士(管理業務)

そして本文には、「右の技能士の名称を称することを認める」とあります。

認められたからには、名乗ることができますね。

他の国家資格では、こうは簡単にいきません

たとえば人気資格の「宅建士」、宅建試験に合格しただけでは「宅建士」になれません。

宅建試験に合格してから、宅地建物取引士(宅建士)として登録しなければいけません。
しかし、宅地建物取引士として登録するには、不動産業界で2年以上の実務経験が必要です。

実務経験がない場合は、登録実務講習を受けて修了試験に合格しなければなりません。
また登録するときには、登録手数料37,000円がかかります。
登録実務講習を受けるなら、その費用もかかります。
宅建試験の受験料は、7,000円と知財検定よりも安いのですが、それ以外にこんなにもかかるんです。

実務経験といい、その後の費用といい、「宅建士」を名乗るだけでも大変です。

知財検定試験に合格したら、すぐに「知的財産管理技能士」を名乗ろう!

せっかく、「名称を称することを認める」って言ってもらったんですから。

私は、3級知的財産管理技能士です!


スポンサーリンク

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。