フリー素材を使うなら。人気サイトのよく使われている画像が安全かも

公開日: 

ブログを書いているなら、利用したいのがフリー素材。
華やかなイラスト、美しい写真・・・世の中にいくらでもあふれています。

ブログの見た目も楽しくなりますね。
(素材を探すのは結構大変ですが・・・^^;)

3級知財技能士として知的財産の専門家(の端くれ?)である私としては、完璧に安全な状態でフリー素材を使いたいと思っていますが、これがなかなか難しい。

ですから、このサイトではフリー素材を一切利用していません。
私が運営する他のサイトでも、もちろん・・・と言いたいところですが、ガマンできずに使い始めてしまいました。

しっかり利用規約を読み込んで、使用してはいるのですが・・・。

フリー素材配布サイトは著作権情報を保証してはくれない

フリー素材の配布サイトの利用規約を読めば分かりますが、素材の出元を保証してくれません。
誰かの著作物を他人が勝手に登録したりして、トラブルになったら自己責任で解決してね、ということです。

著作権侵害にあたるようならば、もちろん利用者が損害賠償責任を負います。

東京地方裁判所で、そのような判例も出ています。

>> 事件番号  平成26(ワ)24391

みんなが使っているなら、それなりに安全かも

それでは、いったいどうすればいいのか。
いろいろ調べてみても、決定打はありません。

  1. 歴史と人気のある有名なサイトで
  2. 人気の作家(投稿者)の作品を使い
  3. 素材の出元を記録しておく(できればキャプチャ)

というくらいでしょうか。
結局は、信義則に基づく信用取引です。

私も今さらGoogle画像検索で、ちょっぴり安心

こんな記事を書いていたら、私も少し不安になってきました。

他のサイトで使っているフリー素材。そういえば加工してから上書きしちゃって元画像が残っていません。
せめて、元画像くらいは残しておいた方がいいですね(もちろんファイル名もそのまま)。

愛用のフリー素材配布サイト 、Pixabayへ行きまして・・・

・・・あれ?

ない・・・ない!?・・・あった!

いや~、冷や汗をかきました。
こんな分かりにくいところにあったのですか。
何か問題があって、削除されちゃったのかと思って焦りましたよw

念のため、Google画像検索もしておきます。
著作権者が分かるかもしれないし、フリー素材ならたくさんの人が使っているだろうし。

フリー素材を使っているページを開いて、画像を右クリックして「Google で画像を検索」を選びます。

すると「一致した画像を含むページ」が出てくる出てくる・・・
これだけたくさん使われているなら、たぶん大丈夫でしょうw

ちょっぴり安心しました。

おまけ・・・私の描いたイラストの無断使用はもちろんゼロw

Google画像検索、便利ですね。

そういえば、私はフリー素材は使用せずに、基本的には自分で描いたイラストや自分で撮った写真を使っています。

「もしや私の渾身のイラストが無断で使用されたら、Google画像検索で分かるかも?」

そんな考えが、とつぜん浮かびました。
早速、Google画像検索してみましょう。

結果は・・・

もちろん誰も使っていませんでした。
ホッとするやら、何かさびしいやらw


スポンサーリンク

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。