知的財産管理技能士会(知財技能士会)への入会は任意です

公開日: 

知的財産管理技能士会は、知的財産管理技能士(以下、知財技能士)による団体です。

>> 知的財産管理技能士会(外部リンク)

知財技能検定に合格すると、入会の案内が届きます。
メールでの案内もありますし、合格通知の中にもチラシが入っていました。

会費は必要ですが、その分、有用な情報が手に入りますし、サービスも受けられます。

私は入会していませんが、メリットはたくさんあります

チラシやメールにも書いてありますが、入会は法律上の義務ではありません。
入会をしなくても技能士の資格は有効です。

どんなメリットがあるかは、知的財産管理技能士会のホームページでも確認できます。

知財技能士会では会員に対して、学習の機会や情報を提供しています。
知財技能士の知識・技能の維持・向上をめざして、様々なサービスを提供しています。
この、さまざまなサービスを利用できることが一番のメリットでしょう。

  • スキルアップ
  • ネットワーク(人脈)構築
  • 情報収集
  • セルフブランディング
  • 社会貢献

知財技能士の資格を生かしたい方や、2級1級と上位資格を目指す方、スキルアップを考える方にとっては、とても有用だと思います。

会費は年間1万円!

これらのサービス内容を考えれば、決して高い金額ではありません。
やる気のある方なら、自腹を切っても十分元がとれそうです。

会社命令で資格を取られた方は、会社を説得して、ぜひ入会してください。
(もちろん会費は会社持ちでw)

入会、再入会はいつでもできます。だから私は今は入りません

そんな魅力的な「知財技能士会」ですが、私は入会していません。
技能士資格を持っていれば、いつでも入会できるからです。

最初は、会員証欲しさに入会に心が傾きました。
カード型の顔写真入り、これはぜひ欲しい!

でも残念ながらこの会員証は、知財技能士会に入会している期間中、貸与されているだけのものです。
借りているだけ、ということです。
退会する際には返却しなければいけません。
この会員証は、知財技能士会の会員であることを証明するのですから当然ですね。
会員向けの研修やイベント参加の際にも使うものですから。

そうなんです。
会員証は、技能士資格の証明ではないのです。

「一生もの」ではないのです。

それなら資格所持の証明は、名刺に「3級知的財産管理技能士」って明記するからいいですよ。
名称独占資格ですから、有資格者しか名乗れません。
それで十分です。

私の資格取得の目的は、技能が証明されたことで果たされたから

私が今は入会しない、本当の理由はこちらです。
検定に合格したことで、私の技能は証明されました。

そして、今は堂々と「3級知的財産管理技能士」を名乗ることができます。
今はこれで十分です。

とはいえ先のことは分かりませんから、いつか入会するかもしれません。
そのときはまた報告しますね。


スポンサーリンク

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。