独学を続けるためのヒント(5)イヤになったら休んでネットでも見る

公開日:   最終更新日:2018/03/08

これまで、独学を続けるためのヒントを4つほど書いてきました。

このようなヒントは、探せばまだまだあると思います。
共通するのは、「工夫してテキストを読む方法、読み続ける方法を探す」ということです。
それでもイヤになるときや、どうしても気分が乗らないこともあるでしょう。
本当にイヤイヤテキストを読んでいても、まったく頭に入りません。

そんな時は思い切って、テキストをいったん机に置きましょう。

ネットでも見る。気分転換ではなく、これでも勉強になる

勉強時間として確保したはずの時間でしょうから、特にすることもないと思います。
のんびりネットでも見ましょう。
いつものニュースサイトでも見ましょうか。
何かの「まとめサイト」でも、いいですね。

今は、知的財産関係の情報が巷に溢れています。

・最新技術=特許
・企業広告=特許・意匠・商標
・芸能ネタ=著作権
・経済ニュース=独占禁止法・不正競争防止法


いったん知的財産の世界に触れてしまうと、さまざまな情報が知的財産に関連するものだということを思い知らされます。
こういうことを意識することも、勉強のうちです。

知的財産関連のブログでも読んでみる

ネットを見ていて疑問に思ったことは検索しましょう。
知的財産がらみの用語も、検索してみましょう。
もともと知的財産に少しは興味があるはずですから、知財関連のブログなんかを読むのもいいですね。

このブログの新着記事や過去記事なども、ぜひお読みください。
>> 3級知的財産管理技能士徹底ガイド

勉強方法の更なるヒントを探す

「そろそろ勉強しなくては」などと焦り始めたなら、「勉強方法」を検索してみるのもいいでしょう。
知財技能検定も最近では知名度も上がってきていますので、「知財技能検定 勉強方法」などで検索すると、たくさんの方の合格体験記や勉強方法を読むことができます。

もちろん、このサイトの「勉強方法」もお忘れなく。

自分の趣味のサイトで気分転換を図りながら、今なぜ勉強しているのかを思い出す

それでも勉強する気がおきないようなら、無理せずに自分の好きなサイトをのんびり見て過ごすのも悪くありません。
今日1日くらい勉強をサボっても、後から取り返せばいいのです。
イヤイヤ勉強を続けて、本当にイヤになってしまっては何にもなりません。

そうして1日を無駄に(有意義に?)過ごしたら、なぜ今勉強しているのかを思い出しましょう。

・なぜ、知財技能検定を受けてみようと思ったのか
・国家資格「3級知的財産管理技能士」という肩書は、もういらないのか

そして明日からまた、がんばりましょう。


スポンサーリンク

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。