知財技能検定の3級に合格すれば、3級知的財産管理技能士になれます

公開日:   最終更新日:2017/12/15

知的財産管理技能検定に合格すると、知的財産管理技能士になることができます。
この知的財産管理技能検定は、厚生労働大臣が指定する試験機関である「一般社団法人知的財産教育協会」が行っています。
もちろん3級に関しても同じで、知的財産管理技能検定3級に合格すれば、3級知的財産管理技能士となることができます。

別の言い方をするならば、「3級知的財産管理技能士」とは知財技能検定の3級に合格したという証(あかし)であり、その技能を国家に認められた者なのです。

知的財産管理技能検定に関する情報は、公式ホームページを見よう

検定に関する詳細は、一般社団法人知的財産教育協会が管理されている、知的財産管理技能検定の公式ウェブサイトをチェックしましょう。

知的財産管理技能検定ウェブサイト
http://www.kentei-info-ip-edu.org/

試験を実施している協会の公式ページですので、こちらの情報がもっとも新しく、かつ正確です。
試験の概要から実施要領、Web上での受検申し込みまでが、こちらでサイトですべて行えます。
以前にも書きましたが、まずは公式ページをチェックされることをおすすめします。
>> まずは公式ホームページをチェックしよう。基礎知識はここだけで十分

トップページには「検定情報」が掲載されており、これからの試験の予定や受験申し込みの情報などが書かれています。
この試験の特徴として、直近の試験が行われる前から、その次の試験の受験申し込みが行われます。
しっかりと情報をチェックして、次に行われる試験のチャンスを逃さないようにしましょう。
>> 検定試験は年3回。今から決意しても次の試験に余裕で間に合います!

まずは技能検定3級に挑戦して、3級知的財産管理技能士をめざそう!

公式ページのチェックが終わったら、ぜひ「知的財産管理技能検定3級」に挑戦してみてください。
このサイトでは「知的財産管理技能士」の中でも、「3級知的財産管理技能士」を取り上げて、その魅力や取り方を徹底的にガイドしてまいります。
「3級」といえば、2級そして1級への入門資格のイメージがあったり、また単なる「初級資格」と思われる方も多いと思います。
もちろんそういった役割もあるのですが、たとえ上級資格にチャレンジしなくても、この「3級」だけで意味のある、取るべき資格のひとつです。

いきなり試験を受けても大丈夫?

何の準備もなしに試験を受けることをすすめられても、とまどいますよね。
でも、大丈夫です。
3級なら、難易度はそれほど高くありません。
>> 難易度は3級ならそれほど高くない。しっかり理解すれば大丈夫!


スポンサーリンク

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。