知財技能検定3級は独学で大丈夫。理解を深め上を狙うなら講座もアリ

公開日:   最終更新日:2018/01/14

知的財産管理技能士に興味を持たれ、技能検定3級を受けてみたいと思われる方の一番の不安は、「独学でも大丈夫だろうか」ということだと思います。
結論から言うと、大丈夫です。
3級だけなら難易度は高くありませんし、ネットで検索してみても皆さん独学で十分に合格されているようです。
>> 難易度は3級ならそれほど高くない。しっかり理解すれば大丈夫!

検定試験自体も、素直な3択問題が中心です。大筋さえしっかり理解できていれば、細かな部分の暗記なども必要ありません。
この辺は、テキストをひと通り読み終えた後に過去問に挑戦すると、なんとなく分かると思います。
もちろん少し基礎知識のある方は、テキストも読まず、いきなり過去問にチャレンジしても大丈夫です。
>> 知財技能検定3級の勉強法を決めるために。今の実力を過去問で知ろう

市販テキスト(+問題集)の独学で楽々合格

「3級だけでいい」という方や、「知的財産の基礎知識だけを知っておきたい」という方は、独学でも全然大丈夫です。
市販のテキストはイラストなどを多用し、どれも分かりやすく作られています。
テキストに付いている練習問題などを解きながら、過去問にもチャレンジしてみましょう。

これを何度か繰り返せば、確実に合格レベルに達します。

深く学びたい方は、最初から通学講座に通うという選択肢もあります。

3級の知的財産管理技能検定に合格することだけを考えるなら、独学で十分です。
極端な話、試験に出るところだけを丸暗記しても合格することができるでしょう。
しかし知的財産管理の世界は広く、難しい論点もたくさんあり、奥が深いのです。

知的財産に関して深く学びたい方、今後も長く関わっていきたいという方は、最初から通学講座に通うのも有りです。
原理原則から学ぶことができると、その後の理解の深さが違ってきます。

将来的に、2級1級を目指す方や、弁理士を目指してみたい方は、早めに予備校に通うことをおすすめします

特に、将来弁理士を志望していて、その手始めに3級知的財産管理技能士の資格取得を考えていられる方などは、早めに予備校に通われるのもいいでしょう。
たとえば、有名な資格の学校TAC(タック)でも、知的財産管理技能検定を開講しています。
>> 知的財産管理技能士講座®| 資格の学校TAC[タック]

一度のぞいてみればお分かりの通り、3級を取ったら2級へ、とステップアップする前提で講座が組まれているようにも見えます。
弁理士などの難関資格を目指すのであれば、いずれ予備校通いは必須となります。
それでしたら最初から通学講座などに通う方が、かえって近道なのです。

全くの初心者なら、スマホを使った通信講座もなんかもいいかも

「3級だけなら独学で十分!」という結論を書きましたが、全くの初心者だと不安かもしれません。
しかし、通学講座に通うほどお金を掛けたくない、という方には、通信講座をおすすめします。
ここでは特に紹介しませんが、最近ではスマホを利用したリーズナブルなもののいくつかあるようです。
「基本テキスト+問題集」くらいの価格で始められるものも、中にはありますので検討してみるのもいいでしょう。


スポンサーリンク

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。