まずは公式ホームページをチェックしよう。基礎知識はここだけで十分

公開日:   最終更新日:2018/04/23

知的財産管理技能士は「技能士」のひとつであり、立派な国家資格です。
この技能士は種類がたくさんあり、技能士になるための「技能検定」は各都道府県が行うことが多いのです。
しかし、知的財産管理技能検定は、厚生労働大臣が指定している民間の試験機関により行われています。
私個人の考えなのですが、この試験機関の指定が行われるということは、その内容が特別に専門的なものであり、専門機関に頼らざるを得ないためなのでしょう。

この指定試験機関が、「一般社団法人知的財産教育協会」です。

一般社団法人知的財産教育協会のホームページをチェックしよう

一般社団法人知的財産教育協会が管理されている、知的財産管理技能検定の公式ウェブサイトがあります。
この技能検定が他の検定に比べて恵まれていると感じるのは、この公式ホームページがとても充実していることです。
こちらにURLを記しておきますので、ぜひ一度読んでみてください。
試験の概要から実施要領、Web上での受検申し込みまでが、こちらでサイトですべて行えます。
また新しい情報も逐次掲載されますので、受検を考えられている方は、定期的にチェックすることをおすすめします。

知的財産管理技能検定ウェブサイト

>> 国家試験 知的財産管理技能検定 ホーム

こちらのサイトでは、合格体験記から過去問まで掲載されていて、とっても有用な作りになっています。
FAQ(よくある質問)なども充実しており、このサイトだけで、受検から合格までに必要な情報がほぼ全て網羅されています。

一般社団法人知的財産教育協会のホームページもあわせて見ておこう

ついでといったら失礼ですが、指定試験機関である「一般社団法人知的財産教育協会」のサイトもチェックしておきましょう。
知的財産教育のための機関としてさまざまな活動をされていますが、その中でも知的財産管理検定に対する意気込みが伝わってきます。

知的財産教育協会ウェブサイト
http://ip-edu.org/

こちらのサイトは、知的財産教育に関するこれからの方向性が示されているだけではありません。
今後の知的財産管理に関する、様々な情報が掲載されています。

知的財産管理技能士を目指している方はもちろんのこと、すでに検定に見事に合格された方も、定期的に確認されることをおすすします。

まずは公式サイトをチェックして、それからいろいろな情報を集めよう

資格試験を考えるにあたって公式サイトを読んでおくことは、とても大切なことです。
公式サイトが充実しているということは、その資格に対して十分な熱意と予算が割かれているということであり、ひいてはその資格の「将来性」も輝いているとも言えます。

何はともあれ公式サイト、一度を読んでみましょう。


スポンサーリンク

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。